HitoHanaの開店祝い胡蝶蘭

HitoHanaでは開店祝い用途の胡蝶蘭の選び方をいくつかにのポイントに分けて説明しています。

先ず理解しておきたい事は開店祝いの胡蝶蘭を選ぶのに「マナー」の観点から考えることはなく、値段予算と物理的な事は調べた上で、お好きなものを贈れば良い、という事です。

物理的な事とは置くスペース等も含めたお祝いの胡蝶蘭を置く場所の事です。

綺麗な胡蝶蘭を贈るのは良いのですが、店内に飾るには大きすぎてお店の邪魔になってしまうことには注意する必要があります。

又、他の方が贈られる花や胡蝶蘭に比べて明らかに見劣りするようなものだったために後悔する、というケースもよくあるます。

他の贈り物とあらかさまに見劣りしてしまうこと等です。そのような失敗をしないための3つのポイントをご紹介します。

開店祝いで胡蝶蘭を贈る場合、お届け先のお店が広く、飾るスペースにゆとりがある場合には、大きめの胡蝶蘭がおすすめです。

花びらの大きさが大きい大輪の胡蝶蘭で、花の数が35輪以上の3本立ちや5本立ちが人気で定番です。

又、もし小さめのお店の場合でしたら、1サイズ下げて選ばれることが良いでしょう。

観葉植物か、胡蝶蘭のどちらがいいのか?ですが、観葉植物は鑑賞期間が長いため、お店のインテリアとして飾って頂ける方には喜ばれるでしょう。

これに対し胡蝶蘭は、お祝い事では定番の豪華な花ですし、鑑賞期間が目安1ヶ月程度ですので、お祝いの後で長く咲き続ける事で、お届け先の方が困られる(インテリアとしては使わない)ようでしたらおすすめです。

開店祝いの値段相場は、個人の場合、10,000円〜20,000円ぐらいのが多いです。

3本 大輪 白 35〜40輪前後 税込21,600円 がHitoHanaで2万円台でおすすめの胡蝶蘭です。

法人では、20,000円〜40,000円くらいの商品が選ばれています。

5本 大輪 白 55〜63輪前後 税込37,800円 がHitoHanaで3万円台でおすすめの胡蝶蘭です。

開店祝いの胡蝶蘭も含めましてHitoHanaは下記リンクのランキングで詳細をご紹介しています。

 

開店祝いの胡蝶蘭「記事一覧」