胡蝶蘭の値段で知りたい事は?

「胡蝶蘭の値段」に関する話題、お祝い胡蝶蘭の選び方etcについてまとめています。
幸福の胡蝶蘭屋さん1位3本19950-220幸福の胡蝶蘭屋さん3本立てホワイト胡蝶蘭 値段 お祝いお花 販売 通販 開店祝い お客様 還暦のお祝い 3本立て

胡蝶蘭の値段相場、先ずの目安は?

胡蝶蘭の値段の先ずの目安について下記のようにまとめました。

1から2万円の胡蝶蘭は個人間のギフト
1万5千円-2万5千円の胡蝶蘭は法人のギフト
3〜5万円の胡蝶蘭は個人法人問わず、特別なお祝いで
7~10万の胡蝶蘭は特別なお祝いで一生に一度の大切な機会に

参考:https://hitohana.tokyo/phalaenopsis/price

胡蝶蘭の値段は花輪(リン)数で決まってくるので「基本的に1輪7~800円程の相場」と言われる事もあります。

そうなりますと3本立ちの30輪で2万円から2万5千円程、5本立ちの50輪だとして3万5千円から4万円程となります。

参考:http://xn—-9w7cj9ltnb.jp/post-179/

当サイト胡蝶蘭.comでは3本大輪白で約30輪以上で税込2値段万円までのものが一番見られています。

やはりこの当たりが一般的に良く選ばれているものでは?と思います。

又3本大輪約30輪以上で税抜10,000円というネット通販ならではのお手頃価格のものも人気です。

お祝い胡蝶蘭3本の相場が分かった上ではかなり安く感じる価格帯です。

プレミアガーデン5本60輪

胡蝶蘭がお祝いで選ばれる理由は?

胡蝶蘭はビジネスシーンでは開業祝いや就任祝い、個人のお祝いでは結婚祝いや長寿祝いなどでギフトとしてとても人気があるお花です。

胡蝶蘭がお祝いで選ばれる理由、人気のその理由を箇条書きでまとめてみました。

花言葉

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」というようなものでお祝いごとにぴったりです。

「幸福が飛んでくる」は、大切な方の人生の門出に、そして今後の発展を願うという意味では会社の移転祝いや開業祝いに最適ですね。

また「純粋な愛」という花言葉は、結婚祝いや母の日のギフトに、あるいは子や孫から贈る長寿のお祝い品にも良いです。

ピンクの胡蝶蘭は「あなたを愛します」というロマンティックな花言葉を持っており結婚記念日やプロポーズなどにも使われます。

その豪華さ、上品さ、清潔感

胡蝶蘭はお花の本数や花輪(リン)数が増えることでより豪華で見栄えが良くなります。

胡蝶蘭の大きな花びら(大輪)はその名の通り蝶が舞っているような姿で華やかな印象を与え、同時に静かな気品のある雰囲気を持っています。

一般的に良く使われる白の胡蝶蘭は清潔感と誠実さが感じられます

胡蝶蘭値段相場ひとはな3本

花もちが良い

胡蝶蘭は、花もちが良く約1〜2ヶ月間ほど長い期間楽しむことができるという点にもあります。

又置き場所や管理方法には注意する必要がありますが、毎日水をやる必要がないなど日々の手間がかからないのも人気の理由の一つです。

あまり知られていませんが、翌年もう一度豪華に開花させることができるのも胡蝶蘭の特徴です。

贈るシーンを選ばない、花粉や香りがない

胡蝶蘭は花粉や香りがほとんどありません。

これが医院の開業祝いや飲食店の開店祝いなど、強すぎる香りが敬遠される場所でも喜ばれる理由です。

屋外でも室内でも飾っておけて場所を選ばないのも胡蝶蘭の魅力です。

胡蝶蘭値段法人1位幸福

お祝い別の胡蝶蘭の値段相場は?

個人のお祝いやプレゼントとしての胡蝶蘭の相場

お祝いの種類、用途にもよりますが花の大きさが小さいミディ胡蝶蘭では5千円からあります。

個人へのお祝いやプレゼントは5千円から1万5千円程で相場と考えましょう。

それでも知人やお世話になった方への特別なお祝いには大輪胡蝶蘭3本約30輪ぐらいで1万円から3万円くらいまでで選ぶと良いでしょう。

開店祝い・開業祝いの相場は?

開業開店祝いに贈る胡蝶蘭の価格相場は、10,000~30,000円です。

より目立った豪華な胡蝶蘭では5本立てのものがおすすめなのでその場合は3万円以上になってきます。

胡蝶蘭園.comスペリオール大輪胡蝶蘭ホワイト3本立34,100

移転祝いの胡蝶蘭の相場は?

移転祝いも開業開店祝いと同じ値段相場で考えると良いでしょう。

法人として贈る場合は3万円以上、5万円台の豪華な胡蝶蘭が選ばれる場合もあります。

社長就任祝いの相場は?

一生に一度の特別なお祝いで個人で贈る場合は最低2万、法人として贈る場合が最低3万を目安とすればよいのでは?と思います。

3本で40輪以上、5本で50輪以上の豪華さがおすすめです。

引っ越し、新築祝いとしての胡蝶蘭ギフト相場

個人の友人知人として贈る場合は、5千円から2万円くらいまでが一つの目安となります。

取引先など法人として贈る場合は最低2万円くらいの胡蝶蘭が良いでしょう。

注意点としては、火を連想させるものは引っ越し祝いや新築祝いにはタブーですので、ラッピングは赤以外を選びましょう。

ひとはな胡蝶蘭ピンク大輪3本

胡蝶蘭の選び方は?

法人の場合は大輪の白い胡蝶蘭が一般的で無難、といえます。

個人のプレゼントとしてはミディやミニといった小ぶりなものの方が気軽で、室内で机の上でも置けるので人気です。

ピンクやイエロー、そして新種の希少な青や紫の胡蝶蘭など相手に好みに合わせた選び方も必要です。

お祝いで贈られるお花は大きくて豪華なものを選ぶ事びなるでしょう。

とはいえ、開店祝いなどで胡蝶蘭を贈る場合などは、贈られる場所の広さなどが考えないといけません。

大きな会場に贈る胡蝶蘭が小さすぎると恥ずかしいですし、逆に小さく狭い場所に大きすぎる胡蝶蘭は良くないですね。

これらの事を考慮しながら値段相場、予算も加味して選んでいく事になります。

花夢come3本青ブルーエレンス27リン640

胡蝶蘭をお祝いで贈るときの注意点は?

法人として贈る胡蝶蘭は、木札をつけるのが一般的です。

お祝いの言葉とともに、贈り主の名(社名)も書きます。

引っ越し祝いや快気祝いなどの個人的な贈りものの場合は、メッセージカードを添えたりします。

また、胡蝶蘭贈るときは色にも注意しなければいけません。

何を贈ろうか迷った場合は、白色のものを選ぶのが無難でおすすめです。

ネット胡蝶蘭専門店ではどんな用途で贈るのか?伝えるとおすすめがありますし、ラッピングや木札メッセージなどもおまかせ、がありますので便利です。

 
>>胡蝶蘭値段.com-top