当選祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由は?

選挙の当選い祝い胡蝶蘭が選ばれる理由には、事務所を華やかにし、お祝いの気持ちを伝えるにはその花言葉「幸福が飛んでくる」がふさわしい等があります。

又、開花期間が平均して1~3ヶ月程でが長く、潅水頻度が低くてあまり手がかからないのも理由の一つです。

又、当選祝いに何かを贈る、となりますと公職選挙法等の法律に注意する必要がありますが、その点でも定番の胡蝶蘭が選ばれ安い、といえるでしょう。

ちなみに、当選祝いとしての現金の贈り物は公職選挙法違反となります。

飲食物やお酒に関しては、当選者に贈ること自体は可能なのでですが、それらを支援者や地域の人々に振舞ってしまえば、公職選挙法違反に当たります。

そういう意味でも、お酒を貰っても使い方に困る事も予想されますので、やっぱりお花、胡蝶蘭が無難という事になります。

お祝い時期としては、当選が確定してから一週間以内にお祝いをお贈りするのがマナーです。

当選後すぐには胡蝶蘭が品薄になったりしますが、それでも一週間以内には手配しましょう。

そして、たくさんのお祝いが届きますので、きちんと札を立てて誰からのお祝いか一目でわかるようにすることは必須の注意点です。

当選祝いには高級感のある木目調の立札、木札が選ばれ、高級感のある木目調の立札が多く選ばれます。

「祝」「祝 御当選」「当選祝」等が定番の木札に書く内容です。

この言葉に続けて、会社名、役職、お名前と贈る方のお名前を書きます。

こちらでご紹介している胡蝶蘭専門通販店では、お祝いの用途を「当選祝い」として注文しますと定番のやり方がありますので、安心です。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧