当選祝いとは?胡蝶蘭を贈るのが無難。

選挙の当選祝いに贈るお花は胡蝶蘭が一般的で、その華やかさからとても人気があり、選挙に胡蝶蘭を贈ること自体が定着している、といって良いでしょう。

ところで、選挙に関係して贈られる「お祝い、お見舞い」には、「当選祝い」と「陣中見舞い」があります。

「陣中見舞い」は、個人から候補者への選挙運動中に関する寄附、年間150万円以内で、物品または金銭・有価証券でもできます。

しかし、飲食物の差し入れは少し注意が必要です。

基本的に飲食物、お酒は違反対象になっています。

非常に微妙なところがありまして、お菓子程度なら良い、とか、選挙運動員へのお弁当は良い・・・とか判別はなかなか難しいです。

これに対し、「当選祝い」は、当選した後に贈りますので、政治活動(選挙運動を除く)に関する寄附になるそうです。

そして、政治活動(選挙運動を除く)に関する寄附は、年間150万円以内で、物品等によりできるのですが、金銭・有価証券ではできません。

又、飲食物の提供もそしてお酒も可能です。

かなりややこしい印象がありますので、古くから習慣的に贈られている胡蝶蘭は、無難且つ喜ばれるものとして定着しているもだ、と思います。

お花は飲食物や金品のようにケースによって制限品目に該当するものではないため、胡蝶蘭の贈り物であれば、まず間違いない、という事です

選挙の季節になると、当選祝い用途の胡蝶蘭が品薄になり、そこそこ立派な胡蝶蘭を贈るのにとても苦労します。

当サイトでは、当選祝い用途の胡蝶蘭を扱う全国対応の胡蝶蘭専門通販店を特集しています。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧