当選祝いに胡蝶蘭を贈る、その手配について。

選挙の当選のお祝いに贈るものとして、お花は一般的で、通常お祝いでは定番の胡蝶蘭が贈られます。

当選祝いに関して、いつ手配するか?ですが、当選がわかってからできるだけ早く贈る方が良いでしょう。

しかし、当選が決まるのは選挙のあった夕方から夜中にかけてですので、いずれにせよ選挙の翌朝早くから手配する事になります。

当選と当選確実は違いますので注意しましょう。

当選確実が出た段階での手配は、早合点になる恐れがあります。

最近は当選確実が出ているのに、落選するケースのありますので要注意です。

ですので、開票が全部終わってから、という事になるので少し慌ただしい感じになることは否めません。

では、当選祝いはいつぐらいまでに贈るものなのでしょうか?

常識的には、当選して1週間以内の到着であれば良い、とされています。

就任披露パーティ等があれば、それに合わせて贈る、というまだ余裕のある準備ができそうです。

しかしこの手のパーティは公職選挙法で細かく決められている項目の一つになり、贈っよいものかどうか?判断が迷うところも多いです。

ですので、万全の準備をされて、選挙事務所に「当選お祝い」として贈られるのが無難でしょう。

益々、選挙当選が決まった翌日に慌ただしく手配するケースが多くなりそうです。

一番良い方法は、選挙当選が決まった、当日深夜又は翌日早朝一番にでもネットから注文を入れておく事です。

その時に備考欄などに「当選お祝い」等と書いておきます。

その上で、電話で木札やメッセージ、そして具体的なお届日等を確認するようにされたら良いです。

どこの全国対応の通販店でも、電話だけの注文は聞き間違いなどがあるので、受け付けません。

それに、ネットで注文を先に入れておく事で、通販店の翌日注文手配の処理を行う順番が早くなります。

又、胡蝶蘭専門店は、開店祝い、就任祝い等お祝いの用途別にマナーや木札の書き方等しっかり対応しますので、「当選祝い」と書いておくだけで、おまかせも可能です。

下記では、当選祝いの目的に限定して胡蝶蘭専門店を比較しています。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧