当選祝いと陣中見舞いの違いは?

陣中見舞い当選祝いの違いと、その用途で贈るお花、胡蝶蘭についてです。

 

陣中見舞いと当選祝い

陣中見舞いとは?又法律上気を付けた方が良い、陣中見舞いと当選祝いの違いとは?についてです。

 

陣中見舞いとは?

陣中見舞いとは、選挙の場合は選挙事務局へ、出演、発表会などでは楽屋へ、スポーツの場合は試合前の合宿などで活動している方々へ、応援の気持ちを込めて贈るものです。

選挙に関する陣中見舞いでの贈るタイミングは、選挙事務局の開設初日です。

陣中見舞いで禁止されているものは?

選挙の陣中見舞いでは、飲食物の提供が禁止されています。

非常に微妙で分かりにくく感じるのですが、茶請けに用いる程度の菓子や果物などはOK、弁当や酒、ジュースなどはOUTです。

この制限は公職選挙法の改正によるもので、候補者側から有権者への提供が禁止されているだけでなく、有権者から候補者への提供も違反となりました。

陣中見舞い、という名のもとに不正が行われないようにした、とはいえ、何やら飲食物を贈るのにはややこしい感じがしますね。

こういった理由でお花が選ばれています。

陣中見舞いで許可されているものは?

ちょっと意外なのですが、選挙期間中は金銭や有価証券の寄付がおり、飲食物以外の物品(備品等)を贈ることはOKです。

しかし、金額に上限があります。

1個人が1候補者に寄付できる金額や物品の総額は年間150万円以内と定められています。

陣中見舞いののし袋はどうする?

のし袋には白と赤の蝶結びの水引、表書きは「陣中見舞い」「祈念必勝」「祈御健闘」「祈ご当選」など。

縁起をかつぐ日本の慣習、「滑る」「落ちる」「負ける」などは相手に失礼である、と同時にこちらも非常識として恥ずかしい、という事になります。

 

当選祝いを贈るタイミングは?

当選祝いは、その名の通リ当選決まったから贈るお祝いです。

こちらの方が、お花、胡蝶蘭が一般的に選ばれています、

当選祝いは遅くとも1週間以内に贈ることが常識とされています。

選挙当選後はどこの生花店でも品薄になる胡蝶蘭ですが、

下記では、当選祝いの目的に限定して胡蝶蘭専門店を集めており、在庫あり!胡蝶蘭を見つける事が可能です。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧