当選祝いに胡蝶蘭以外を贈ると?

当選祝いに胡蝶蘭以外のものをどうしても贈りたい、のであれば法律的な部分に注意しなければいけません。胡蝶蘭は華やかで当選のお祝いに適しているだけではなく、法律的にもあまり気にしなくて良い、のも選ばれている理由です。

選挙の当選のお祝いの定番は胡蝶蘭、それも白の胡蝶蘭が選ばれる事が多いです。

では、当選祝い胡蝶蘭以外のものを贈るとなりますと何を選ぶと良いのでしょうか?

又選ぶ時には何に気を付けたらよいのでしょうか?

当選祝いに現金を贈る!?

法人等から政治家個人への当選祝いとしての現金(金銭等)の贈り物は公職選挙法違反となります。

「金銭等」とは、現金・有価証券(小切手・手形・商品券・株券など)をさしています。

「法人等」とは、会社、および、労働組合等・その他団体のことをいいます。

又個人であっても、国または地方公共団体と請負など特別の利益を伴う契約の当事者の寄付は禁止になっています。

当選祝いにお酒を贈る!?

飲食物やお酒に関しては、当選者に贈ること自体は可能です。

しかし当選者が贈られたお酒をそれらを支援者や地域の人々に振舞ってしまえば、公職選挙法違反になってしまいます。

これではお酒をもらった方もその扱いに困ってしましますね。

お酒も縁起が良いものの一つですが当選祝いに選ばれるケースは少ないようです。

当選祝いに気を付けたい法律は?

公職選挙法と政治資金規正法です。

どうしても胡蝶蘭以外のものを贈るのであれば、各都道府県または市区町村の選挙管理委員会に問い合わせて確認された方が良いでしょう。

選挙の当選お祝いに贈るお花として一般的なものは胡蝶蘭です。当選祝いの胡蝶蘭についてを贈る、その一般的で知っておきたい事でまとめています。当選確定時には胡蝶蘭は品薄になりますので、その時の為に、全国対応の高級胡蝶蘭専門通販店を一覧にしています。

当選祝いには胡蝶蘭が無難&喜ばれる

議員の人気は贈られてくる胡蝶蘭の数や華やかさで決まる、などと言われる事もあります。

それぐらい華やかで、「幸福が飛んで来る」という花言葉、そして鉢植えは「根付く」、つまり地域に根付いて貢献する、など縁起が良いのも胡蝶蘭の特徴です。

法律的にも問題ないので、当選祝いは胡蝶蘭を贈るのが良いでしょう。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧