当選祝いを贈るマナーまとめ

当選祝いのマナーと胡蝶蘭が選ばれる理由は?幸福胡蝶蘭当選5本白デラックス

選挙当選祝いを贈るときに知っといた方が良いマナーについて、まとめています。

予算は2~5万円が相場、どうしても一般的なお祝いごとに比べて高くなってしまうようです。

定番の贈り物は胡蝶蘭

その他縁起の良い花、観葉植物などですが、法律的に問題がないものとして、胡蝶蘭など花は無難で定番です。

時期としては、当選が確定した一週間以内。

水引は紅白の蝶結び。

熨斗(のし)は「御当選祝い」「祝○○議員御当選」「○○御就任お祝」等ですが、胡蝶蘭の場合は木札に書きます。

基本的で覚えておきたいこと、注意点ですが、飲食類や酒類に関しては、当選祝いの品として相手に贈ることはもんだいありません。

しかし、ここが重要なのですが受け取った候補者が選挙区内の人にそのお酒を振舞うという行為は、候補者からの寄附とみなされます。

そういう意味では、違反に関して微妙な部分があり、お酒が敬遠される場合もあります。

一番のポイントは、選挙当選祝いを贈る前に、都道府県または市区町村の選挙管理委員会に問い合わせ、確認してから贈ると、いう事。

基本的な事を知った上で、確認するのが一番良いでしょう。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧