当選祝い、公職選挙法を知って胡蝶蘭を贈る。

当選祝いについて、法律に関してしておきたい事、胡蝶蘭を贈る場合について、陣中見舞いとの違い等について書いています。

 

当選お祝いに胡蝶蘭を贈る事について

いつも書かせていただいておりますが、当選お祝いは当選が決まってから1週間以内に贈るのが一般的です。

当選祝いで禁止されているもの

当選祝いでは現金も有価証券も禁止で、贈ると公職選挙法違反になります。

当選前の陣中見舞いでは、当選するかしないか分からないので、寄付が認められており、現金も有価証券もOKでしたが、ここは注意が必要です。

当選祝いで許可されているもの

当選祝いにおいては、物品や飲食物の差し入れもOKです。

飲食物は陣中見舞いでは基本的に禁止されていましたので、この辺りもポイントです。

しかし、一般的な当選祝い品は、祝意を伝える、事務所の見栄えを良くするなどの点から、花や観葉植物が贈られます。

そして、当選祝いで定番となっているのは「幸福が飛んでくる」という花言葉の胡蝶蘭です。

鉢植えのためそのまま飾ることができま、花は3ヶ月ほど咲き続ける点が、当選祝いのお花として胡蝶蘭が定着した理由です。

又、花(胡蝶蘭)は法律上禁止品目にはなりませんので、そういう意味でも贈りやすい、といえます。

当選祝いに花を贈る場合、贈り主が一目で分かるよう、「お祝いの文章+贈り主名」を記載した木札をつけて贈ることが一般的です。

お祝いの文章は、「御祝」「祝御当選」のほか、「祝衆議院当選」「県議会当選祝」など。

祝い返しは?

公職選挙法では、陣中見舞いや当選祝いの祝い返しは禁止されています。

また、当選しても口頭で礼を述べることができない!?という事です。

公明正大にする為に、利益誘導の疑いがありそうなものは一切禁止する、という主旨ですね。

以上、選挙に関連するお祝いはいろいろと決まりありますので、お花、当選祝いには胡蝶蘭が無難で喜ばれます。

選挙当選後はどこの生花店でも品薄になる胡蝶蘭ですが、

下記では、当選祝いの目的に限定して胡蝶蘭専門店を集めています。

 

当選祝い胡蝶蘭記事一覧