当選祝い、公職選挙法を知って胡蝶蘭を贈る。

選挙の当選お祝いに贈るお花として一般的な胡蝶蘭について、当選祝いと公職選挙法との関係から、胡蝶蘭を贈る場合について、知っておきたい事をまとめています。当選確定時には胡蝶蘭は品薄になりますので、その時の為に、全国対応の高級胡蝶蘭専門通販店を一覧にしています。ひとはな5本50輪32400円当選祝い1位-320

当選祝いについて、法律に関してしておきたい事、胡蝶蘭を贈る場合について、陣中見舞いとの違い等について書いています。

 

当選お祝いに胡蝶蘭を贈る事について

いつも書かせていただいておりますが、当選お祝いは当選が決まってから1週間以内に贈るのが一般的です。

当選祝いで禁止されているもの

当選祝いでは現金も有価証券も禁止で、贈ると公職選挙法違反になります。

当選前の陣中見舞いでは、当選するかしないか分からないので、寄付が認められており、現金も有価証券もOKでしたが、ここは注意が必要です。

当選祝いで許可されているもの

当選祝いにおいては、物品や飲食物の差し入れもOKです。

飲食物は陣中見舞いでは基本的に禁止されていましたので、この辺りもポイントです。

しかし、一般的な当選祝い品は、祝意を伝える、事務所の見栄えを良くするなどの点から、花や観葉植物が贈られます。

そして、当選祝いで定番となっているのは「幸福が飛んでくる」という花言葉の胡蝶蘭です。

鉢植えのためそのまま飾ることができま、花は3ヶ月ほど咲き続ける点が、当選祝いのお花として胡蝶蘭が定着した理由です。

又、花(胡蝶蘭)は法律上禁止品目にはなりませんので、そういう意味でも贈りやすい、といえます。

当選祝いに花を贈る場合、贈り主が一目で分かるよう、「お祝いの文章+贈り主名」を記載した木札をつけて贈ることが一般的です。

お祝いの文章は、「御祝」「祝御当選」のほか、「祝衆議院当選」「県議会当選祝」など。

祝い返しは?

公職選挙法では、陣中見舞いや当選祝いの祝い返しは禁止されています。

また、当選しても口頭で礼を述べることができない!?という事です。

公明正大にする為に、利益誘導の疑いがありそうなものは一切禁止する、という主旨ですね。

 

当選祝い胡蝶蘭の手配【早わかり版】

当選祝い胡蝶蘭【贈り方ガイド】はこちら。

以上、選挙に関連するお祝いはいろいろと決まりありますので、お花、当選祝いには胡蝶蘭が無難で喜ばれます。

選挙当選後はどこの生花店でも品薄になる胡蝶蘭ですが、下記では、当選祝いの目的に限定しておすすめ胡蝶蘭をご紹介しています。

当選が決まれば、ネットでは24時間注文を受け付けていますので、日曜日の夜ネットから先ず注文を入れておく事がコツです。

その上で翌日電話などで、納期など詳細を確認されるのが良いでしょう。

又選挙当選の日からから遅れても1週間以内でしたら問題はない、と言われています。

選挙事務所など、贈られる場所を確認して、できるだけ早く贈る方が良いですね。

1週間以内の大安吉日の日を選んで贈られる方も多いですよ、今回の選挙の場合10月28日土曜日、ギリギリですね。

その辺の事も含めまして下記の「ひとはな」は当選お祝いに関するマナーのコラムも充実していて、ネットで贈られるなら安心、そして近くの花屋さんではなかなか手配できない豪華な胡蝶蘭がお得価格で用意できておすすめです。

当選祝い胡蝶蘭おすすめ

 

イチオシ!当選祝い胡蝶蘭
選挙当選祝いマナーなど分かりやすい
注文画面が初めての方にも簡単!
↓ ↓ ↓
ひとはな300バナー当選祝い胡蝶蘭

 

>>ひとはな当選祝い胡蝶蘭詳細はこちら当選祝い胡蝶蘭